インスタの次に来るSNSアプリ『ポラロイド・スイング』とは

f:id:bien_ne:20170202144002j:plain

今回ご紹介するのはインスタの次にくると話題になったSNSアプリの『ポラロイド・スイング』です。

写真なのか動画なのか、今までにない新感覚のアプリです!

 

ポラロイド・スイングとは

ポラロイド・スイングは2016年12月15日に日本のAppStoreにて公開されました。

デベロッパーはアメリカの会社のポラロイド・スイングで、技術系の起業家であるトミー・スタッドレン氏と、メディアやスポーツ関係の起業家であるフレデリック・ブラックフォード氏によって共同で設立されました。なお、会長を務めるのはTwitterの共同創業者であるビズ・ストーン氏です。

しかも、1960年代に一世を風靡したインスタントカメラを発明したポラロイド社とパートナー契約を結んでいます。インスタントカメラといえば、日本でも昨年に女子達のあいだで再ブームが巻き起こったことも記憶に新しいかと思います。

ここまで聞くと、ポラロイドスイングがどれだけポテンシャルの高いアプリなのかすごい気になるところです。

1秒を切り取った”動かせる写真”

ポラロイド・スイングのコンセプトは「1秒を切り取った“動かせる写真」です。

撮影された写真には1秒間の動きが記録されており、ユーザーが端末を傾けたり、画面をスワイプしたりする操作に連動して1秒分を動かせるという、新感覚の写真が撮れます。

i Phone6以降のカメラで撮影すると、シャッター前の瞬間の動きを見ることができますが、強いて例えるのであれば、あの感覚に近いと思います。

ただ、決定的に異なるのは自分自身のスワイプなどのタッチの操作で自由自在に動かせるところにあり、ユーザーに体験させるインタラクティブな要素が強いかなと思います。

こちらもチェック!

日本No.1配信アプリの17Live(イチナナ)

f:id:bien_ne:20190303112028p:plain

17live(イチナナ)は全世界でユーザー数4000万人が利用している台湾発のライブ配信ができるアプリです。日本以外にもベトナムやタイなどのアジアを中心に9カ国で利用されている、今話題のSNSアプリです。

17 Live(イチナナ) - ライブ配信 アプリ
17 Live(イチナナ) - ライブ配信 アプリ
開発元:MachiPOPO, Inc
無料

ポラロイド・スイングを実際に使ってみた

f:id:bien_ne:20170202150335j:plain

インスタやツイッターと同様にポラロイド・スイングにもタイムラインが存在します。

ただ画像がメインなので直感的に操作するイメージでしょうか。また、文章を書いているユーザーはおらずハッシュタグなど一言が多いです。

f:id:bien_ne:20170202150850j:plain

他のSNSアプリと同様にユーザーやハッシュタグも検索することができます。

ただ、検索して思うことは、ポラロイド・スイング自体にユーザーはまだ多くはいないのかなと思いました。とくに日本に関しては、SNSに共有している人も見かけないので、そこまで浸透はしていないのかなという印象です。

僕は一度、ポラロイド・スイングで撮った“1秒の写真”をインスタにシェアしたのですが、そのときは普通の1秒の動画としてシェアされました。

当たり前ではありますが、ポロライドスイングの最大の特徴まではシェアできませんでした。 ただ、ツイッターであればURLでのシェアになるので、リンクさえ踏めば写真を伝えることはできます。

ポラロイド・スイングはインスタやツイッターと並ぶSNSになり得るのか

SNSといえば、Twitter、Facebook、Instagramあたりがコミュニケーションツールとして主要どころでしょうか。

画像というカテゴリーでみればダントツでインスタグラムだと思います。

最近では”24時間だけ”シェアできるストーリー機能が人気で投稿する人を多く見かけますし、インスタの”Boomerang”を使った動画も多く投稿されている印象を受けます。

最近の傾向を見ると画像だけではなく、動画も活発になってきました。やはり、気軽にアーティスティックな動画が撮れることがユーザーにウケているのかもしれません。

それ以外に、メディアの傾向としても動画に特化した女子向け動画メディア「C Channel」やレシピ動画の「デリッシュキッチン」が誕生し急成長をしています。

そういう意味では、直感的な“1秒を切り取った写真”を撮れるポラロイド・スイングは画像と動画の間のような存在で面白い気がします。

また、それらSNSで共通しているのは広告のプラットフォームとして活発に活用されている点です。

SNSごとのプラットフォームを活かしたプロモーションが展開されています。

そこで特に注目されている広告が広告メニューです。その他と比較してもコンバージョン率が高いといわれ、有効なプロモーション手段として様々な企業で実施されています。

もちろん、ポラロイドスイングも広告の媒体としてのビジネス戦略があるようです。彼らの調査によるとそれらのSNSで拡散される効果と比べ、ポラロイド・スイングでのプロモーションした場合、比較して5倍ものエンゲージメントが発生しているといいます。

ポラロイド・スイングを使っている有名人

松井エミリさん

日本でモデルをしています。あまり名前を耳にしたことのない人のほうが多いでしょうか。

ちなみにポラロイド・スイングとパートナーシップを結んでいます。

三浦大知さん

日本のエンターテイナーです。ダンス上手いですよね。

ツイッターをみると、けっこう頻繁にポラロイドの投稿をシェアしてます。さかのぼってみると12月21日に初投稿しているので、ポラロイドスイングがリリースされてわりとすぐですね。

さすがエンターテイナーです。トレンドの先取りが早いです。

タイソン・ホイートリー氏

ブルックリンの写真家でインスタグラムでも有名ですね。

2017-2018年の年末年始あたりも来日されていて日本の風景の写真をいくつも投稿していました。上記のリンクも銀座での一枚ですね。

彼は素敵な写真も多いのでぜひ見てみてください。

ヒラリー・クリントン氏

皆さんご存じのアメリカの政治家です。

現アメリカ大統領のトランプ氏と大統領選で戦ってたことは記憶に新しいかと思います。

ポラロイドスイングを使っているって意外ですよね。ヒラリー氏は選挙時にミレニアル世代の有権者とつながるために上記のような投稿をしたようです。

その他の2019年に流行りそうなSNSアプリ

ポロライドスイング以外にも、いま勢いのある2019年に流行りそうなSNSアプリを紹介しちゃいます。

 

【17live(イチナナ)】 

f:id:bien_ne:20190202222605p:plain

17liveことイチナナは、誰もがいつでもどこでもライブ配信ができるアプリです。

ユーザーは全世界で4000万人を突破し、人気モデルや俳優など有名人も利用しているアプリです。

f:id:bien_ne:20190202222652j:plain

気になるライバー(ライブ配信者)を見つけて、コメントやギフトを送ったりして気軽にコミュニケーションをすることができるのが最大の特徴です。

17 Live(イチナナ) - ライブ配信 アプリ
17 Live(イチナナ) - ライブ配信 アプリ
開発元:MachiPOPO, Inc
無料

 

【TikTok(ティックトック)】

f:id:bien_ne:20190202222738j:plain

TikTokは若者を中心に流行っている、ショートムービーに特化したSNSアプリです。

単なるショートムービーではなく、様々なBGMや映像にエフェクトをつけて、オリジナルなカッコイイ動画を作成することができるのが最大の特徴です。

f:id:bien_ne:20190202222954j:plain

いろんなユーザーの動画を見ているだけでも楽しく、動画に使われるBGMも耳に残るものばかりですよ。

f:id:bien_ne:20190202222925j:plain

ちなみにきゃりーぱみゅぱみゅも使っています。是非チェックしてみてください!

TikTok ティックトック
TikTok ティックトック
開発元:TikTok Pte. Ltd.
無料

 

 



最後に。

いかがでしたでしょうか。

ポラロイド・スイングに関しては現状、ストアの評価もあまりよくはないので、まだまだ改善の段階だと思われます。

今後、いずれは大々的に日本でも露出してくるとは思うのでインストールしていない方は一度試してみてはいかがでしょうか。

いままでにはないスタイルのSNSであることは間違いないので、ポテンシャルは未知数で今後の動向が非常に楽しみです。

↓インストールはこちら↓

Swing by Polaroid
Swing by Polaroid
開発元:Swing Technologies Inc.
無料

【参考記事】

【インスタを抜くアプリ!?】1秒を切り取る!ヒラリー氏もAppleも大注目の「ポラロイド・スイング」

「1秒を切り取る」新しい画像アプリ 『ポラロイド・スイング』が日本上陸

1秒を切り取った“動かせる写真”「ポラロイド・スイング」日本に登場